乳酸菌とビフィズス菌は、同じ種類だと思っていませんか? この2つは同じ善玉菌ですが、実は異なる種類で形状にも違いがあります。

乳酸菌とビフィズス菌の形状出典:日本乳業協会

図を見るとわかるように、乳酸菌は球状や棒状の形をしていますが、ビフィズス菌はYの字に分岐した形状をしています。また、形だけではなく、それぞれ異なった特徴や働きがあります。

今回は、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて詳しくご紹介します。まずは、乳酸菌の特徴からご説明します。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌の特徴について

乳酸菌とは糖から乳酸を産生する細菌の総称で、酸素がある場所で生育できる通気性嫌気性菌になります。

腸内でどのくらいの数が生息しているかというと、約1億~1000億個ほど。小腸から大腸まで幅広く住み着いています。ブルガリア菌、カゼイ菌など多くの種類があり、腸以外にも乳製品や発酵食品など自然界にも多く生息していることが特徴です。

乳酸菌が分泌する産生物の50%以上が乳酸です。乳酸菌が作り出す乳酸は、腸内を酸性の環境に変えていき、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

さらに、腸の働きを活性化して、蠕動運動を促す役割もあり、お通じ改善をサポートしてくれます。

ビフィズス菌の特徴について

ビフィズス菌は、ヒトの大腸で最も多く生息している善玉菌で、酸素がない状態でしか生きられない偏性嫌気性菌になります。

大腸に生息しているビフィズス菌の数は約1~10兆ほど。乳酸菌が約1億~1000億個ですから、およそ100~1万倍の数に上ります。ビフィズス菌は、善玉菌の99%を占めています。

ビフィズス菌は酸素がある場所では生きていけないので、自然界にはほとんど生息せずにヒトや動物の大腸に常在しています。ビフィズス菌が分泌する乳酸は50%以下で、酢酸も産生しています。この点が乳酸菌とは違うところです。

酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の増殖を抑制するだけでなく、強力な病原菌を抑制する働きもあります。また、腸粘膜が傷ついた時に、腸のバリア機能を回復させる材料としても、酢酸は使われています。

乳酸菌とビフィズス菌の違い【まとめ】

乳酸菌 ビフィズス菌
菌の数 約1億~1000億個 約1~10兆個
菌の形 球状・棹状 Y字、V字、分岐状
性質 通性嫌気性 偏性嫌気性
生息場所 自然界に多数生息 ヒトや動物の大腸内
代謝産物 乳酸 乳酸、酢酸
種類 サーモフィルス菌など ロングム菌など

乳酸菌とビフィズス菌、どっちを摂るべき?

大腸内の善玉菌は99%以上がビフィズス菌なので、乳酸菌よりもビフィズス菌を摂る方が良いように思うかもしれません。

しかし、乳酸菌にはビフィズス菌のエサになったり、その働きをサポートする役割があります。ビフィズス菌が生息できない小腸でも活躍して、免疫細胞のエサになることで免疫力を活性化するなどの働きもあります。

乳酸菌やビフィズス菌は、どちらも腸の健康にとって有益です。協力して悪玉菌の増殖を抑えているので、両方とも積極的に摂取することが大切です。

加齢とともにビフィズス菌は減る

年齢による腸内細菌叢の変化画像引用:日本乳業協会

40代以降になると、ビフィズス菌の数が減り始めて、悪玉菌のウェルシュ菌が増えていきます。つまり、加齢にともなって、腸内環境は悪化しやすくなる傾向があるのです。

もし、年々お腹の調子が悪くなったり便秘がひどくなっているなら、ビフィズス菌の減少による腸内フローラの乱れが原因かもしれません。

悪玉菌が優勢にならないように、腸内のビフィズス菌を増やす食生活を心がけましょう。

            

⇒ 乳酸菌サプリメントおすすめランキング