悩む女性「乳酸菌を摂り過ぎると、悪影響があるのかな…」という不安はありませんか?

腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整える働きがある乳酸菌。便秘を解消するために、日々の食事に取り入れようとしている人も多いと思います。

しかし、乳酸菌食品の取り方によっては効果がないだけでなく、良くない影響もあります。乳酸菌を有効活用するためには、どのように摂取すればいいのでしょうか。

乳酸菌を摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌を摂り過ぎても副作用はない

乳製品結論から言うと、1日に大量の乳酸菌を摂っても、体に悪影響はありません。乳酸菌には副作用がないため、摂り過ぎたとしても不必要な分は体外に排出されます。

腸内フローラを整えるためには、毎日、適量の乳酸菌を摂ることが大切です。乳酸菌が生きて届いたとしても、腸内で増殖することはないからです。

腸内には元々住んでいる腸内細菌がいるため、ほとんどの乳酸菌が体外へ排出されてしまいます。ですから、乳酸菌の効果を実感するためには、毎日摂取することが必要です。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂るときの注意点

乳酸菌飲料やヨーグルトには、糖分が多く含まれている商品がありため、注意して食べる必要があります。

というのも、糖分が多い食品を摂り過ぎすぎると、肥満につながることがあるからです。高血糖などのリスクも高くなり、生活習慣病につながる恐れもあります。

ですので、ヨーグルトや乳酸飲料で乳酸菌を摂るときには、糖分の少ないプレーンヨーグルトを選びましょう。

乳酸菌を毎日摂取する意味

前述したとおり、毎日乳酸菌を取り入れても、腸内で定着して増殖することはありません。最近の研究によると、2~3日で腸を通り過ぎてしまうことがわかっています。

「それなら乳酸菌を摂っても意味がないのでは…?」と思うかもしれませんが、生きている乳酸菌は乳酸などの短鎖脂肪酸を生み出して、体内環境を整えてくれます。

また、胃酸などで死んでしまった乳酸菌も、その菌体成分が腸管免疫を刺激して免疫力を高めたり、善玉菌のエサになる働きがあります。

腸内に住み着くわけではありませんが、腸内環境を整えて便通を良くするためには、定期的に乳酸菌を取り入れる必要があるんですね。

乳酸菌の1日の適量ってどのくらい?

乳酸菌を含む食べ物ヨーグルトや乳酸飲料から乳酸菌を取る場合、1日に必要な摂取量の目安は200~300リットルになります。

市販のヨーグルトには1ミリリットル当たり1000万個の乳酸菌を含めることが法令によって定められているので、乳酸菌の数で言うと20~30億個になります。乳酸菌を摂取する時間帯に決まりはありませんが、これだけの菌数を毎日摂ることが大切です。

このとき、乳酸菌やビフィズス菌だけ摂取するよりも、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖も一緒に摂るとより効果が高まります。

プレーンヨーグルトを食べるときに「甘さが足りない」と感じたら、オリゴ糖も一緒に混ぜて食べてみるといいかもしれません。

乳酸菌を多く摂ると体質改善の可能性がある

「ヨーグルトや発酵食品を摂っているのに、お腹の不調や便秘が治らない…」こんな悩みがあるなら、乳酸菌の数を多く摂ることがおすすめです。

数千億以上の乳酸菌を毎日摂り続けることで、体質改善に役立つ可能性があります。例えば、森永乳業の実験によると、大腸における炎症性疾患の緩和作用があることが実証されています。

BB536投与によるCAIスコアの変化データ軽症から中等症の潰瘍性大腸炎患者14名に、治療薬とともにビフィズス菌BB536を1日2000~3000億、24週間摂取してもらったところ、14名中12名で症状のスコアが低下し、10名は緩解(かんかい)にいたりました。

引用:ビフィズス菌研究所(森永乳業)

お腹の不調や慢性便秘に悩んでいるなら、より多くの乳酸菌を毎日摂取すると、体質改善をサポートしてくれる可能性があります。

数千億以上の乳酸菌を乳製品や発酵食品だけで摂ることは難しいですが、乳酸菌やビフィズス菌が濃縮されたサプリメントも販売されています。

1回の分量で1兆個の乳酸菌を摂ることもできて、手軽にいつでも飲めます。習慣にしやすいこともメリットです。

参考:乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12の画像久光製薬から販売されている乳酸菌EC-12。1回分1袋当たり1兆個の乳酸菌が含まれています。さらに、善玉菌のエサになるオリゴ糖も配合されており、ビフィズス菌が増加する検証データもあります。

⇒乳酸菌(EC-12)の公式サイト

まとめ

乳酸菌を摂りすぎても副作用はなく、不必要な分は体外に排出されるため、健康に悪影響を与えることはありません。

しかし、1日だけ乳酸菌を取り入れても効果は限定的です。乳酸菌飲料やヨーグルトなどの発酵食品を毎日食べて、適量を摂り続けることが大切です。

もし、乳酸菌飲料やヨーグルトが苦手だったり、できるだけ多くの乳酸菌を摂りたいならサプリメントがおすすめです。

            

⇒ 乳酸菌サプリメントおすすめランキング