女性のお腹「乳酸菌と免疫システムにはどんな関係があるんだろう…」「乳酸菌で免疫力が高まるってホントなの…」こんな疑問がありませんか?

腸は、体内で最大の免疫器官です。腸内に入ってきたウィルスや細菌を、免疫細胞が防御してくれます。しかし、腸内環境が悪化すると、免疫細胞の働きが落ちて免疫力が低下してしまいます。その結果、様々な病気や疾患にかかりやすくなるのです。

今、注目されているのが免疫力を高める乳酸菌の働きです。最新の研究では、免疫力を高める機能をもつ乳酸菌を摂ると、免疫細胞が活性化することがわかっています。

今回は、乳酸菌と免疫システムの関係についてご紹介します。乳酸菌で体質改善したい方はチェックしてみてください。

免疫システムと乳酸菌の関係

ウイルスや病原菌を撃退する免疫細胞の働き

腸の役割は、消化・吸収・排泄だけではありません。体内の健康を維持する免疫の最前線でもあり、免疫細胞の60~70%が腸内に存在しています。免疫細胞の役割は、腸内で有害なウイルスや病原菌を見つけ、攻撃して排除することです。

例えば、小腸にはパイエル板という免疫組織の司令塔があります。ウイルスや病原菌がパイエル板に接触すると、マクロファージや樹状細胞が異物を捕食しながら情報をキャッチします。

paieruban出典:カルビー株式会社

その情報はヘルパーT細胞によって、ウイルスや病原菌の抗体を作るB細胞に伝えられます。B細胞はその情報をもとに、外敵に合わせた抗体IgA(免疫グロブリンA)を作って撃退します。

その他にも、体内をパトロールして病原菌やガン細胞を独自に攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞も存在します。免疫細胞は互いに協力しながら腸管免疫を担っています。

乳酸菌を摂ると免疫力が高まる

乳酸菌やビフィズスなどの善玉菌は、腸管免疫のシステムに深く関わっています。腸内の善玉菌はウイルスや病原菌の抗体を作るB細胞に作用して抗体IgAの産生を促します。

また、ヘルパーT細胞の「Th1」細胞(マクロファージやキラーT細胞を活性化する)に作用して、その働きを活性化させます。最近では、免疫反応が過剰になったときのブレーキ役も果たしているという報告があります。

乳酸菌は免疫細胞の働きを高めるだけではなく、免疫システムの暴走によるアレルギー抑制作用もあることが、最近の調査で明らかになりつつあります。

外から乳酸菌を摂ると、小腸のパイエル板から吸収されることになります。その結果、免疫細胞の働きが活性されるため、免疫システムが強化されるわけです。以下の図はEC-12菌がパイエル板から吸収される様子です。

meneki-nyusan出典:コンビファンクショナルフーズ事業部

腸内で悪玉菌が増殖すると善玉菌の働きが弱くなるため、免疫システムにも悪影響を与えます。

乳酸菌には善玉菌の働きを活性化する働きもあり、腸内フローラを改善してくれます。正常な免疫システムの維持にも、乳酸菌は貢献してくれているわけです。

風邪・インフルエンザ予防の機能がある乳酸菌

風邪・インフルエンザ予防の機能がある乳酸菌と言えば、「乳酸菌シロタ株」や「R-1乳酸菌」が有名ですよね。

しかし、それ以外の菌種でも、風邪・インフルエンザ予防の機能が実証されている乳酸菌が数多く発見されています。

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌を12週間摂取する臨床試験では、風邪やインフルエンザの羅患率が下がることが実証されています。

プラズマ乳酸菌のデータ18歳~39歳までの健康な男女657名を対象に、冬季12週間の臨床試験を実施。風邪・インフルエンザ様疾患の罹患率(上気道炎の自覚症状を示した率)について、プラズマ乳酸菌を摂取していないグループと摂取していたグループとで比較したところ、有意差はないものの、摂取していないグループの35.1%に対し、プラズマ乳酸菌を摂取していたグループは28.8%でした。

引用:プラズマ乳酸菌研究レポート(キリン株式会社)

ビフィズス菌Bb-12株

ビフィズス菌Bb-12株を定期的に摂取すると、免疫機能の指標であるマクロファージの活性が高くなることが調査によってわかっています。

マクロファージは体内に入った病原菌やウイルスを捕食する免疫細胞で、様々な病気を予防してくれます。

ラブレ菌

京漬物のすぐきから発見されたラブレ菌。小学生を対象にした大規模調査で、インフルエンザ予防の働きが確認されています。

ラブレ菌のデータ栃木県那須塩原市で行われた小学生を対象にした大規模調査で、ラブレ菌を含む飲料を飲んだ子供は、飲んでいない子よりもインフルエンザにかかりにくい結果となりました。(※2014年1月後半~3月前半にかけて登校日に毎日、1日80ml飲用)

引用:カゴメ株式会社

免疫力を高める働きのある乳酸菌【まとめ】

  • ビフィズス菌Bb-12株
  • ビフィズス菌HN019菌
  • EC-12菌
  • FK-23乳酸菌
  • ラブレ菌
  • ラクトバチルス・ガセリ菌

最後に

「風邪をひきやすい…」「すぐに体が疲れてしまう…」このような症状あるなら、免疫力が低下していることが原因かもしれません。便秘が続くなら、腸内環境も悪化していることが考えられます。

免疫力が高くなれば、病気やインフルエンザなどにかかりにくくなり、疲労回復のスピードも高まります。乳酸菌が含まれる食品やサプリメントを摂って、病気になりにくい体を作りましょう。

            

⇒ 乳酸菌サプリメントおすすめランキング