乳酸菌を含む食べ物腸内環境を整えてお腹の調子を良くするサポートをしてくれる乳酸菌。お通じを良くするために、乳酸菌を取り入れたいと思う方も多いですよね。

体内の乳酸菌を増やすには、まずは乳酸菌そのものを摂取することが大切です。そして、腸内に住んでいる善玉菌を増やす食べ物を摂ることもおすすめです。

では、お腹の中の乳酸菌を増やすには、どんな食べ物を摂ればいいのでしょうか。今回は、乳酸菌が含まれた食べ物をご紹介します。

乳発酵食品

乳酸菌といってまず思い浮かぶのはヨーグルトではないでしょうか。ヨーグルトは乳酸菌などの善玉菌をたくさん含んでいます。

ただし、最近は商品によって入っている菌が異なり、ガセリ菌SP、ラブレ菌など様々な種類の乳酸菌があります。様々な機能があるので、自分の症状に合う乳酸菌が入ったものを選んでください。

また、ヨーグルト以外では、チーズにも多く含まれています。

チーズには様々な種類がありますが、商品名が「ナチュラルチーズ」となっているものを選びましょう。「プロセスチーズ」は加熱処理をしているので、乳酸菌の量は減ってしまいます。

乳酸菌は40℃前後で増殖するので、少し温めて食べるとより効果的です。温度が高いと乳酸菌が死滅してしまうので、温めすぎないように注意してください。

発酵食品

乳発酵食品だけではなく、味噌、塩麹、キムチ、ぬか漬けなどの発酵食品にも乳酸菌が含まれています。

とくに、キムチにはヨーグルト並の乳酸菌が含まれています。また、味噌に含まれる乳酸菌は植物由来なので、胃酸などの酸に強く生きたまま腸に届く特徴があります。

そして「乳酸菌飲料」といえば、「ヤクルト」が代表的ですね。ヤクルトには乳酸菌シロタ株が含まれています。生きたまま腸に届く特徴があり、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

オリゴ糖を含む食品

乳酸菌を増やすのに効果的なのは、乳酸菌を多く含む食品だけではありません。オリゴ糖を一緒に摂取すると、乳酸菌を増やしてくれる効果があります。

オリゴ糖は甘味料としても販売されていますが、摂りすぎるとお腹を壊してしまうこともあるので注意してください。

また、オリゴ糖単体を摂取しなくても、普段食べている食品にもオリゴ糖は含まれています。どのような食品に含まれているのかというと、玉ねぎ、ごぼう、アスパラガスなどの野菜。大豆や豆製品、バナナ、牛乳、ハチミツなどです。

乳酸菌を増やすために、毎日これらの食品を取り入れるようにしてみてください。オリゴ糖単体で摂るなら、全国売上NO.1のカイテキオリゴがおすすめです。

⇒カイテキオリゴを購入した体験談はこちら

善玉菌の栄養源にもなる食物繊維

また、食物繊維も乳酸菌など善玉菌のえさとなります。食物繊維は悪玉菌の作る有害物質を体外に排出してくれる働きもあります。

食物繊維を多く含む食品は、イモ類、豆類、乾物、ごぼう、海藻、きのこ類など。ごぼうや豆製品はオリゴ糖も含まれているので、乳酸菌を増やすのに効果が期待できそうですね。

穀物にも多く含まれていますが、精製された白米にはあまり含まれていません。玄米や、大麦などを白米と混ぜて食べるのがおすすめです。

悪玉菌と戦う納豆

悪玉菌をやっつけてくれる食品を食べることも大切です。中でもおすすめなのは納豆菌。

納豆菌は悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きもあります。定期的に摂取することで、腸の働きを整えてくれます。

納豆菌は納豆にしか含まれていないので、苦手な人はサプリメントなどで摂取するのもよいかもしれませんね。

            

⇒ 乳酸菌サプリメントおすすめランキング